FC2ブログ

ココナッツファイヤァァ

気付けば孤島

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月22日の四谷アウトブレイク。

『ライブハウスが聞こえない』

本当にライブができた瞬間でした。『リタリン』~『_ _ _ _*』。今までやってきたなかで最も自然で正直なライブができたと思います。

楽しかったら笑う、悲しかったら泣く、といった衝動的なことは音楽に関わらずいろいろな表現、絵画だったり芝居だったり、日常的な事で言えば何気ない会話だったり、伝えるために必要な最重要事項だと思います。この最重要事項を今回のライブで出せたというか思い出したんだと思います。

大事な事の再確認

ライブを重ねる度に出てくる良かった部分悪かった部分を次に活かすために修正していったつもりだったんです。演奏だったりメンタルだったり。

でもそれを続けていくうちにライブする事の核の部分から少しずつ離れていっていました。一番大事な部分を忘れてその周りの部分だけを大きくしていこうとしてたんだなぁって。
見かけはいいけど・・・・?そんなんだったら伝わらないのは当然ですよね。

『ライブハウスが聞こえない』っていうイベントタイトル、積み重ねたライブの中でずれていったライブに対する気持ちや臨む準備、ライブする意味を思い出すために最高の舞台でした。

ライブ最中、どこかに帰って行ってました。原点回帰といった感じでしょうか、ライブをやり始めた頃リタリン時代で味わった感覚です。

誰にも相手にされなくともライブ中感じるあらゆる思いを200%体現しようとする。そのとき守りなんて言葉は存在しません。そもそも守るものなんて_ _ _ _*には無いですけどね。

誰の目も気にせず、自分の保護もしないライブって意外と冷静なんですよね。やってる自分とそれを傍から見てる自分がいてライブ中の記憶って言うのはその後者の方の自分が覚えてる。

もう一人の自分が見たものっていうのは、新しい未経験のものじゃなくて今まで味わった事のある空気でした。

人や物や音、全部ひっくるめてライブハウス全体のいろいろな要素が交じり合って1つになってる状態。めったに感じれるものでは無いけど過去に1・2度感じた事のある空気で、

(ああぁこれだぁ~~これ忘れてたんだ)とライブ中思ってました。

うるうるジワジワ、叫ばずにはいられなかったですね。

人生の歴史に残る記念すべき1日になりました。

四谷アウトブレイク、企画者のBooneさん中山さん、そしてイベントに参加してくれた皆さんありがとうございました。今回得たもの、思い出したもの忘れず活かしていきたいと思います。

ライブハウスが聞こえない

聞こえました!

何も隠す事もなく、何も臆することもなく、真正直に恥じることなくさらけ出したら

聞こえました!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://jinpuru.blog73.fc2.com/tb.php/70-459c86b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。