ココナッツファイヤァァ

気付けば孤島

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はバイトの帰り道で事件発生!
実は電車を降りようとドアに差し掛かったところで後ろのやつに、俺のビーチサンダルを踏まれましてぶっ壊れてしまいました!
そいつが逃げようと急ぎ足になったので速くサンダル拾って抗議しに行こうと思ったんです。明らかに自分が踏んだ事を気付いていたのに誤りもせず逃げやがって!
と急いで振り向きサンダルを拾おうとしたらサンダルがないんです。それと同時に視界の隅の方で、電車とホームの間に落ちて行く物陰が見えたのです。

そうその正体は俺のビーサン

あまりのショックにその場に立ち尽くしてしまった。蹴落とされました。壊され落とされ。
その瞬間にたくさんの事が頭によぎりました。まず壊された怒り悲しみ、蹴落とされた怒り絶望、自分は片足裸足になった、あとの電車乗り換え、他の乗客の冷たい視線、ビーサンはもう持っていない、明日のライブ何履こうか、帰り道、粗いアスファルト。
もう追いかけるのもめんどくさくなりあきらめてそのまま電車に乗り込みました。案の定の冷たい視線、嘲笑。チョンマゲでそんなのには慣れっこだったが、今回はジャンルが違う。

電車を降り改札を通り抜け、寂しく家路につきました。
裸足で意味も無く歩くのは久しぶりでした。高校生以来でしょうか。こんなにも痛かったかなぁ。しかも帰り道の道路のアスファルトはかなり荒れているので、何度か立ち止まり気合いを入れ直し歩きました。

我々人類日々進化していると思っていたのですが本当は全然進化していなかったんですね。むしろ退化している。
大昔の人は(今でも存在すると思いますが)靴など履かずに生活していたわけでしょう?という事はそんじょそこらの荒れた地面などへでもなかったんですよ。なのにあれしきの荒れぐあいで弱音を吐くなんて・・・。

退化?退化とはちょいと違いますね。これは知能が発達してアスファルトというもの開発してしまったが為に靴を履かざるおえなくなったわけですよね。ってことは頭ばっかり発達して体が退化したのか。
でもそれでもなさそう。スポーツ選手は常に記録を更新し続けてきている。

そんな事を歩きながら考えました。

で出た結論はというと我々人類は枝別れし始めているって事。
むかし昔に海に中から生物が発達の枝別れをくりかえしてきた。それは今でも生物全体で起きていると思う。そこで生まれてきたに人間には高い知能を持った訳ですよね。いろいろな人がいていろいろな考えがある訳だから、人によって発達していくところも色々ある。その発想や考えの行きついた結果、人類は人類でも片寄った特徴を持った生物に変わっていくんじゃないでしょうか。

例えばサッカーが好きでずっとサッカーばっかりしている人達は『サッカー類』
脳みそがパソコンみたくなった人は『PC類』
代々ハゲしか生まれてこなくなった人達は『はげ』

といった感じで人類の中でも全く別の生物になっていく。もう人類皆兄弟なんて言えなくなってしまうんじゃないかと・・。


ビーサンを失ったせいでこんな未来を考えてしまったわけです。

返せ-ー-ー!!俺のビー-ーサーーーン!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://jinpuru.blog73.fc2.com/tb.php/6-a0ffbce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。