ココナッツファイヤァァ

気付けば孤島

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今はやりの脳を鍛えるゲームってやつをやったんです。25ますの碁盤の目の中に1から25までランダムに数字が書いていて、それを決められた時間で覚えて後で思い出しながらマスを埋めていくってやつ。

もうさっぱりでした。25マス中で覚えていたのは5~6個の数字であとはちゃらんぽらんでした。

記憶力テストで脳を鍛えよう。
5個くらいしか覚えられなかったジンプルはきっと脳年令70才くらいなんでしょう。

言い訳をするわけではないのですが、真剣に覚えれば10個はいけました。
でもこのゲームをする時思ってしまったのが、スタートした時点で「??! めんどくせ~
!こんなのやってる暇があったら本でも読んでた方がおもしろい」と。

覚えなければならない。でその勝手なルールのなかでその結果を数字で見てそれに喜んだり悲しんだりするのがとても馬鹿馬鹿しく思ったんです。
確かにそのゲームで脳を鍛えようと一生懸命朝から晩までやってたらいつか25個完璧に覚えられるようになるかもしれないのだけれど、それが出来るようになったところで何になるのかな~。
その決まりごとの中では生きていてるけど、実際いま自分が生きているところはゲームの中ではないので、そんなのやっても時間の無駄だと思ってしまいました。

脳を鍛えようゲームが好きな人には「何をぬかす!!」とおこられてしまうことかいてしまいました。

あほだ。って思われるかもしれないですけど、人それぞれで時間って常に変化してると思うんですよ。
あ~今日はあっという間に時間が過ぎたなって思ったら実際にその人はそんだけの時間を過ごしたんだと思うんです。
例えば12時から17時まで働いてA君は2時間に感じた、でもB君は5時間に感じた。それはA君の感覚が間違っるんじゃなくて実際にA君の中では2時間しか経過してなかった、ってことです。時間って言葉を使うこともできなくなってしまうけど・・・。

今この瞬間にも空間には2000前の瞬間が流れてるかもしれない、それが皆見えないだけ。だから脳のどこかが発達してる人やちょっとタイミングのずれた人は、お化け見るだろうし優待離脱する人もいる。
話しがおおきくなり過ぎてしまった。
言いたかったことは何が起きるかわからない世の中だってことです。で、これなら脳が鍛えられるよ、脳を鍛えたらいいことあるよ、って言ってみて適当なルールを作ってゲームやらしてそれで皆が楽しい人生おくれるんですかってことです。何かが起こった時や起こる前にマス埋めゲームで鍛えた脳がどんだけ役立つんだろうなぁ。って思ってしまったんです。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://jinpuru.blog73.fc2.com/tb.php/11-e1ef6c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。